ワード文章・トピックに文章を挿入

<スポンサーリンク>

ワード文章の挿入

各トピックにがっつりメモを残すことができます。
マインドマップでは単語を並べていくことが多いですが、その内容の詳細をガッツリ書いておくことができ、そのうえ、そのガッツリ文章は隠すことができ、マインドぱっぷ自体はスッキリのまま作成することができます。

メニューバーから[ファイル]-[インポート]をクリックします
マインドマップ1932
【インポート】ウィンドウが開きます
[Microsoft Office Word]をクリックし、[次へ]をクリックします
マインドマップ1933
【ソースファイルを選択します】のウィンドウが開きますので、開きたいワードファイルを選択し、[開く]をクリックします
chuushaku03
[現在のワークブックに]にチェックマークを入れると、現在のワークブックに挿入され、
[新しいワークブックに]にチェックマークを入れると、新しくワークブックを作成し、それに挿入されます。
チェックマークをいれ[終了]をクリックします
※現在のワークブックを選択した場合、同ワークブックに新しくシートとして挿入される形になります。
マインドマップ1934

中心トピックに注マークが挿入されます。
マインドマップ1935

ワード文章に表があるばあい、それは新しいトピックとして表示されます。

トピックに文章を挿入

上記操作だと、新しくブックやシートを作成することになるので、現在作成しているトピックに作成する方法について説明します
なお、この操作方法はXmindでは”注”を挿入するという言葉を使って説明します。
注を挿入したいトピックをクリックし下記4つのいずれからの方法を実施します

  • 右クリックからメニューを出す
  • 右クリックを押し、メニューの中から[挿入]-[注]をクリックします
    マインドマップ1936

  • メニューバーから操作
  • メニューバーの[変更]から[注]をクリックします
    マインドマップ1937

  • ツールバーから操作
  • ツールバーにあるアイコン[マインドマップ1927]をクリック後、[注]をクリックします
    マインドマップ1938

  • ショートカットを利用
  • キーボードの[F4]キーをクリックします(お勧め)

”注”入力になります
マインドマップ1939
ここにテキストを入力していきます。
入力が終わったら、空いているスペースをマウスでクリックすれば入力画面が閉じ、”注”のアイコンが作成されます。
マインドマップ1935

再編集する

”注”を再編集する場合、トピックに挿入された”注”アイコンをクリックします
マインドマップ1935

ちょっと大きい画面で文字を入力する

”注”をちょっと大きい画面で入力することもできます
トピックに挿入されている”注”アイコンをクリックし、入力画面を開きます
マインドマップ1935
入力画面ウィンドウの右上にあるアイコンをクリックします
マインドマップ1940
または、ショートカットキー[F4]を押します
ウィンドウ右側に”注”入力のちょっと大きなスペースが開きます
マインドマップ1941

≪前のページ【ラベルの挿入】へ

次のページ【マインドマップからリンクを張る】へ≫

旧バージョンXMind6のワード文章の挿入

各トピックにがっつりメモを残すことができます。
マインドマップでは単語を並べていくことが多いですが、その内容の詳細をガッツリ書いておくことができ、そのうえ、そのガッツリ文章は隠すことができ、マインドぱっぷ自体はスッキリのまま作成することができます。

メニューバーから[ファイル]-[インポート]をクリックします
chuushaku01
【インポート】ウィンドウが開きます
[Microsoft Office Word]をクリックし、[次へ]をクリックします
chuushaku02
【ソースファイルを選択します】のウィンドウが開きますので、開きたいワードファイルを選択し、[開く]をクリックします
chuushaku03
[現在のワークブックに]にチェックマークを入れると、現在のワークブックに挿入され、
[新しいワークブックに]にチェックマークを入れると、新しくワークブックを作成し、それに挿入されます。
チェックマークをいれ[完了]をクリックします
chuushaku04

中心トピックに注マークが挿入されます。
chuushaku05

旧バージョンXMind6のトピックに文章を挿入

上記操作だと、新しくブックやシートを作成することになるので、現在作成しているトピックに作成する方法について説明します
なお、この操作方法はXmindでは”注”を挿入するという言葉を使って説明します。
注を挿入したいトピックをクリックし下記4つのいずれからの方法を実施します

  • 右クリックをおしメニューを出す
  • 右クリックを押し、メニューの中から[注]をクリックします
    chuushaku06

  • メニューバーから操作
  • メニューバーの[変更]から[注]をクリックします
    chuushaku07

  • ツールバーから操作
  • ツールバーにあるアイコン[注]をクリックします
    chuushaku08

  • ショートカットを利用
  • キーボードの[F4]キーをクリックします(お勧め)

”注”入力になります
chuushaku09
ここにテキストを入力していきます。
入力が終わったら、空いているスペースをマウスでクリックすれば入力画面が閉じ、”注”のアイコンが作成されます。
chuushaku10

再編集する

”注”を再編集する場合、トピックに挿入された”注”アイコンをクリックします
chuushaku11

大きい画面で文字を入力する

”注”を大きい画面で入力することもできます
トピックに挿入されている”注”アイコンをクリックし、入力画面を開きます
chuushaku11
入力画面ウィンドウの右上にあるアイコンをクリックします
chuushaku12
または、ショートカットキー[F4]を押します
ウィンドウ下部に”注”入力の大きなウィンドウが開きます
chuushaku13
さらに[最大化]をクリックするとウィンドウいっぱいに入力画面が開きます
chuushaku15
元に戻す時は、[×]をクリックします
chuushaku14

≪前のページ【ラベルの挿入】へ

次のページ【マインドマップからリンクを張る】へ≫

<スポンサーリンク>

ページ一覧

<スポンサーリンク>